コロナ禍で東京から地方移住で補助金が支給される条件は?最大300万円もらえる?

green

Photo by Jeremy Cai on Unsplash

コロナ禍で東京から地方移住で補助金が支給される条件は?最大300万円もらえる?
東京から地方移住して仕事をする場合は補助金が出場合があります。ビヨンド副業とは日経トレンディと日経クロストレンドが発表した2021年ヒット予測の第3位にランクインされたキーワードとも地方移住は関係が深いです。2021年のコロナ禍でさらに地方移住やビヨンド副業の需要が増えるのか?

>ビヨンド副業とは!どんな意味?2021年ヒット予測の第3位

>ビヨンド副業のもつ意味は?2021年注目の働き方で収入UPを目指そう!




移住支援金と起業支援金がある

移住支援金

東京23区(在住者又は通勤者)から東京圏内の条件不利地域を含む東京圏外へ移住し、移住支援事業を実施している都道府県が選定した中小企業等に就業した方又は起業支援金の交付決定を受けた方に都道府県・市町村が共同で交付金は100万円以内(単身の場合は60万円以内)で都道府県が設定する額が移住支援金として至急されます。

起業支援金

都道府県が、地域の課題解決に役立てる社会的事業を新規に起業する方が対象です。起業した方への寄り添った支援策と共に事業費への助成額は起業に必要な経費の2分の1に相当する額で最大200万円が支給されるのが起業支援金です。地方創生が目的です。

子育て支援や地域産品を活用する飲食店、買い物弱者支援、まちづくり推進など地域の課題に応じた幅広いサービスが想定されています。

地方移住の問題点

地方移住の際に以外に問題と感じることが多いことに交通機関の不便さがあるようです。都内であれば公共交通機関が充実していますから地方移住となると車は必須になることが多いと思われます。

地方移住の際に意外に問題になるのが人間関係です。都会とは違い近隣住民とのお付き合いが深い、濃厚なことなどが上げられます。そして、協調性を求める傾向が強ければ強いほど、協調性がない人を排除する動きを作り出します。裏を返せば「協調性ってなに?」って思っているほうが実は多様性があったりします。



東京を拠点にしなくてはならない場合もある

それでも東京を拠点にしなくてはならない場合は行ったり来たりすればいいとの声も聞きますが、東京で住宅ローンなどを使い家を購入した場合にはローンの問題もありますし新たに家を購入する場合でも地方で多少購入金額を抑えたとしてもやはり大きな支出に変わりなく補助金などがあったとしてもなかなか決断できないケースがあるのも事実

また賃貸する場合においても家具・家電を一から備えなければならない物件の場合は初期費用の負担も決して少なくありませんので無視できない支出ですよね。さらに、地方移住といかないまでもビヨンド副業の1つで平日都内週末は地方といったケースにおいても毎週や毎月通う交通費も企業側で負担してもらえないフリーランスの方などは経済的負担を無理のない範囲に抑えられるか地方移住を断念することも多いと聞きます。



まとめ

とにもかくにも働き方はどんどん変化しつつあるのは間違えないですね。我々のようなお客様のところに行ってサービスを行う仕事はなかなか完全に地方移住をするというのはすぐにはできませんが平日と週末に分けたりすればできないこともなくなる日は近いです。そのためにも地方と都心で同じ業種であれば提携して行き来することはありだと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください