Things3の使い方!プライベートタスク管理にしてApple WatchのThings3で新規タスクを追加してみているよ

Things3

Things3の使い方!?プライベートタスク管理にしてスッキリしてApple WatchのThings3で新規タスクを追加してみているよ

株式会社 Sky Walker
代表のK.Kusanoです。ここのところコロナウィルス感染症による緊急事態宣言も発令からすこし仕事も停滞気味ですが、このときにできることをやるということも重要ですね。今まで時間がなくてできなかったことに手をつけることができます。仕事のチームの方ではまずは2人でTodoistビジネスを使い出しうまく回り出したました。Things3をプライベートタスク管理にしてスッキリしたと感じてApple WatchのThings3で新規タスクを追加することにしてみました。Todoistビジネスを使い出しうまく回り出したましたの件はまたの機会にまとめますね。




Things3をプライベートタスク管理に、Todoistを仕事のタスク管理にするスッキリする使い方

まず、Things3で去年の12月から全てタスク管理をする使い方だったんのだけどなぜかスッキリしなかったので、Todoistの新機能が追加されてこときっかけに思い切って先日仕事のタスク管理はTodoistにしてプライベートのタスク管理はThings3と分け使い方にしました。そしたら気分的にもタスク管理的にもスッキリ回るようになりました。そのスッキリした使い方3つ挙げます。

Things3

Things3でデイリータスクを編集した

  1. Things3でプライベートだけ管理する使い方は適度なタスクの数でスッキリ
  2. Things3で朝・昼・夜とデイリータスクする使い方でスッキリ管理できるようになった
  3. Things3を個人のタスクだけにする使い方なので仕事と混同しなくてスッキリ

Things3でプライベートだけ管理する使い方は適度なタスクの数でスッキリ

今まではプライベートと仕事を一緒に管理していたのでThings3にアクセスしたときにぱっと見ても多くのタスクがあるという感じになるのと先送りタスクが多くなってしまっていました。こうなってくるとメンテナンスするのも少し億劫になっていたのでタスク数が減っただけでもスッキリしました。1つのアプリでタスク管理をすることに向いている人もいると思います。自分は仕事とプライベートを分けることを実践しただけでも随分とスッキリしましたのでタスク管理のアプリを2つ使う事はおすすめです。まあその分コストは掛かりますがThings3は買い切りですから一度替えばその後ずっと使えるのもよいところですよね。

Things3で朝・昼・夜とデイリータスクする使い方でスッキリ管理できるようになった

そして、さらにThings3でエリアを朝昼晩と3つの時間帯にわけて管理することでさらにスッキリ管理できるようになりました。これはいままでもやっていたことなのですが、この3つの時間帯に仕事のタスクも入るとかなりのタスク量になるのとゴチャゴチャしてわかりづらかったのです。Things3のエリア機能で朝昼晩と3つの時間帯を設定することでパッと見たときにおよそこの時間になにをするのかが分かるようになりました。分刻みにタスク管理をしている方にはThings3は向かないと思います。もともと時間帯で仕事の予定が決まっていたり、時間帯で行く場所がだいたい決まっている人なんかはこのThings3は向いていると思います。

デスクワークがメインの方で細かいタスク管理をしたい人は他のタスク管理が使いやすいかも知れませんのでぜひ御自身の生活環境や仕事環境に合うモノを使ってみてください。

Things3を個人のタスクだけにする使い方なので仕事と混同しなくてスッキリ

当然のことですが個人のタスクだけなので個人←→仕事と頭の切り替えもすっきりして1日を過ごせるようになります。できるだけ仕事の時は仕事に集中できる環境を作ることに取り組むと頭の中にふと個人的な事が思い浮かぶことも減ります。それだけでも頭の中の領域が増えることになるので良いかと思います。

仕事中にプライベートのことを思い出してしますことが多かったときはタスク管理がうまく行っていなかったのかもしれません。自分のような小さな会社の経営者だとどこからがプライベートでどこからが仕事が区別するのは難しいところがあるので時間帯や場所(自宅と会社)などでタスク管理の仕方をかえるだけでもスッキリ、スムーズになることが多くなります。

Apple WatchのThings3で新規タスクを追加

Apple WatchのThings3で新規タスクを追加することにしました。Apple Watchを使いはじめて手元で通知を確認できるのはとても便利です。今までは通知とマップと天気予報を確認するなどがメインでした。そこでせっかくなのでApple Watchの音声入力によるThings3への新規タスク追加することにしました。これについてはまた別ブログで記事にしましたのでぜひご覧ください。

iMacかiPad、iPhoneで行っていた新規タスクをApple Watchで音声入力で追加することに慣れてくると限りなくやることリストへの追加もれが少なくなるのでかなり良いと思います。人前でApple Watchに向かって話すことに抵抗がなくなってくると本当に音声入力というのは便利です。ちょっと恥ずかしい時もありますけどね。(2020年10月29日(木)に追記)




まとめ

人にもよると思いますが、デジタルによるタスク管理が初めての初心者でMac、iPad、iPhoneを利用している人であればまずはThings3からタスク管理をスタートさせてみても良いかと思います。Things3はMac、iPad、iPhoneそれぞれの端末別にアプリの料金がかかり決して安くないので踏ん切りがつかないかも知れませんが1つのアプリでしっかりとタスク管理のぞめれば集中してタスク管理が学べるし習慣化できると思います。投資としては良い方だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください