Things3→Todositでチームのタスク管理にした理由

Todoist

株式会社 Sky Walker
代表のK.Kusanoです。少しずつブログ更新が続けて出来るようになってきましたね。今日はタスク管理についてです。タスク管理と一言で言ってもいろいろと管理するワケです。仕事のことプライベートを分けるタスク管理を私は採用しています。そして日々のやること、週でやること、月でやること、年でやることとで分けてタスク管理をしています。今日は自分が最近タスク管理をメンテナンスしてうまくいったことをメモしておきます。

Todoistを再利用することになった

Todoistを再利用することになりました。今までしばらくのあいだThings3をメインにつかってきました。しかしすこし不満点がありました。

  • タスクの順番および実行するタイミングがいまいち自分が思った通りにならない
  • やはり仕事とプライベートのタスクを分けた方がすっきりするのではないか
  • Todoistの新機能が使いやすかった

この3点です。これが使っていくうちにだんだんとストレスを感じるようになってきてしまいました。デイリータスクを毎朝見直すときにタスクを上下入れ替えするのが毎回ストレスに感じるようになってしまったのです。せっかくストレスフリーを目指しているのにストレスになっていては本末てんとうなので。

Things3の不満だったこと

いまひとつ、タスクの順番を変えることがしっくりこなかった。たしかにDnDで順番は簡単に操作できるんだけど、決まった時間にやるタスクは最初から一番先頭にもってきたいし寝る前のタスクは最初から最後に来て欲しいわけですがこれが毎回操作するのが面倒になってきました。これならやはりTodoistのほうがいいなーと薄々感じていたのですがせっかくThings3を利用してまだ3ヶ月くらいだったのでもう少しと思い3月は過ごしました。とにかく、タスクの時間・順番がしっくりこないことが変える一番の理由になりました。

仕事とプライベートのタスクを分けた方がすっきりするのではないか

あとは、自分の仕事は顧客に合わせてまずは時間枠が埋まります。そうなると日中は空いた時間をどうするか。移動時間は基本的に電動自転車で移動をしているのでその時間はなにもできないわけです。そうなると朝起きてから出勤するまでの時間、出勤してから一番目の予定までの時間・退勤した後から寝るまでの時間でやることが決まっているものがあります。そうなると、仕事とプライベートを分けて管理したほうがよいのではと思うようになったのです。

Todoistの新機能が使いやすかった

Todoistの新機能のラベル作成とサブタスクが使いやすくなっていた点です。これはとてもいいです。さらにセクションを使うとプロジェクトの中でタスクを分類することができます。プロジェクトの数をむやみに細かく増やす必要がなくなりました。同じプロジェクトの中で一覧で見ることができるので全体を把握しやすくなりましたよね。セクション間のタスク移動も可能になったことでタスクを整理しながらプロジェクトの進捗を確認できます。

まとめ

Things3→Todositへメインタスク管理を変えようと決断できたのも週次レビューを再開したからにほかなりません。デイリータスク、日々のプロジェクトがスムーズにまわるようになるとさらに空き時間にタスクをいれてしまっていて結局先送り事項が増えてしまってかえって本末転倒ということになってしまっていました。今現在はタスク数も先送りが少ない(自分としては許容範囲)状態になってきたのでとても良い感じでやれてきています。今後の途中経過を報告しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください