おじさんの年齢の基準は?おじさんと呼ばれるのは○○歳から

ojisan

Photo by Rana Sawalha on Unsplash

おじさん。自分では分かっていても気持ちはお兄さんのつもりでいました。しかし、今年50歳になることを目の当たりにしたら「おじさん」であることは自覚して行動したいと思います。そこで今回はおじさんとよばれる年齢の基準と特徴についてメモしておきます。



おじさんとよばれる年齢の基準は43.24歳

43.24とは博報堂生活総合研究所の2020年調査でわかった「おじさん年齢」の基準となる数字です。40代でおじさんであることは承知しておりますが改めて基準となる数字で示されるとなんとも良い気分はしないものですね。自分が50目前のおじさんであることは納得しました。次は『お年寄り』と呼ばれる日が来るわけですが、その日まではせめてカッコイイおじさんでいたいものです。



おじさんの次はいよいよお年寄り。何歳からお年寄りか?

次は『お年寄り』と呼ばれてしまう年齢はいったい何歳なのか。博報堂生活総合研究所の長期時系列調査「生活定点」の2020年調査では、「お年寄りとは、何歳くらいからをさすと思いますか?」への問の答えは平均68.66歳だそうです。おじさんでいられるのは43歳から69歳までということになります。短いのか長いのか。わかりませんが。



まとめ

私は2021年にいよいよ50歳を迎えます。ここ数年は仕事仕事と言いながらもライスワークに明け暮れていた感じがします。50代をいきいきと、そしてかっこよく生きるためにも情報にアンテナを張ってインプットしていきたいです。健康で稼いで豊かになり自分も周囲もハッピーにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください