さあ、今こそipad Proの手書きアプリでデジタルを融合せよ。

Photo by Greg Rakozy on Unsplash

さあ、今こそipad Proの手書きアプリでデジタルを融合せよ。

株式会社 Sky Walker
代表のK.Kusanoです。気づけば8月も終わり9月に突入。すっかりTwitterとInstagramの投稿になってしまっていました。ここ2ヶ月も考えることが多くて行動に移せていないことが多くありました。皆さんはいかがですか?そんな中でこの夏は新しい取組として自宅事務所を出てからの仕事の全てをiPadPro12.9の手書きアプリでデジタル融合に取り組んでいます。やっとこの習慣が馴染んできました。




そもそも、iPadのアプリで手書きは辞めたはずだったんだけど。

外回りが少なかった5年前まではほとんど会社にいてMacBook AIRでEvernoteとかで簡単なメモはとっていたんです。その頃に一度、手書きは一切やめて、すべてデジタルに切り替える決断をしたんです。テキストか写真で残せば事足りていたし、整理もばっちりですからね。Evernoteを開けば、メモやブログの下書きを見返すことが簡単にできていたのです。

メモの魔力を読んでから手書きメモを再スタート

ところがどっこい。メモの魔力を読んでからまたMOLESKINEを購入して手書きメモを再開したのでした。やはりキーボードを打つよりも手書きで書いた方が脳にも良いと聞いていたしな。やっぱり書いた方がいいんだろうな。とはなんとなく思っていました。そこで今一度今こそipad Proの手書きアプリでデジタル化をやってみようと思ったんです。

しかし、いざ今こそipad Proの手書きアプリで手書きを再スタートしてみたら、これがまた続かなくて続かなくて。理由の1つが字が綺麗でないこと。後で読んでもわからないことも多くて。そうなるipad Proの手書きアプリで書くのが億劫になり、毎日書いていたのが1日あき、2日あき。。。。とさぼることが多くなりました。※そもそもだからipad Proの手書きアプリで書くのを辞めて全てデジタルにしたはずなのに。

字が汚いのでペン習字にもチャレンジ

字が汚い、下手っぴだということを再認識したら、なんだか少しは上達したいと思って本屋でみかけたペン習字をやり始めたのです。そしたらこれがまたなんと少しずつ自分が許容できる範囲内の字がかけるようになってきたのです。さらになんだかペン習字をしていると気分がスッキリするんですよね。集中している書いていることが理由なのでしょう。

そんでもってどっこい。字は少しずつ良くはなってきたけど、自転車で移動している時間が長いし、あらたまってペンをとりメモをとる時間は意外にないことが判明して、ipad Proの手書きアプリでメモをとれないときはiPhoneかiPad Proで手書きアプリで入力しないで音声入力をしてみることにしました。

だったら、どっこい。ipad Proの手書きアプリ使えないときは音声メモを使おうじゃないかと。

iPhoneかiPad Proで音声メモもスタートさせました。これについても、なんか思いついたりしたことはその場でiPhoneかiPad Proで録音メモすれば続けられるだろうと思ったんですが。どうもそのなんか思いつくのが自転車を乗っているときがほとんどだったんです。その、なんか思いついた時→多くは自転車を乗っている時なので一旦停車してApple Watchで録音メモをとっていたんです。

Apple Watchで録音メモを使ったらどうだろう?

最初はいいぞ。この調子でApple Watchで録音メモとれたら後で活かせられるぜ。と続くかと思われたのですが。。。。一旦停車のタイミングが後続の自動車や自転車があるとなかなか止まれず、止まれそうな時でも次のアポの時間迫っていたりすると、まあいいや、あとでApple Watchで録音メモすれば。となるわけです。そうなると、そのあとでになると、何をメモろうとしたのかすら忘れ、だんだん億劫になっていきApple Watchで音声メモもも三日坊主になってしまいました。

今はApple WatchのThings3でin-boxにひとまずいれておく

今(2020年10月27日(火)に追記)はApple Watchのタスク管理のアプリのThings3で気づいたことはひとまずin-boxにいれることにしました。メモをとろうとするとどうしても話す言葉が長くなってしまうので気づいたフレーズや単語をいれるだけにしてみました。これが以外に習慣化できています。Apple Watchはやはり使い方を限定しないがら使っていくのがいいかもと今は思っています。いろいろなApple Watchのハウツー情報などを目にするとあれもこれもとなってしまいますがそれはあまり良くないないと感じています。




iPad Proで手書きメモアプリについて取り組んででいこいう

iPad Proで手書きメモをアプリを使ってメモすることはやはり時間を確保して書くという動作になれて行くことだと思う。絵を描きたいとも思って取り組んだがどうにもなかなか時間を割けないでいるし。メモをとろうとすることは行動として少しずつ取組、改善されていることは良いことなのでApple Watchで録音メモをとっていくことを積み重ねることだな。と感じている訳です。丁寧な行動を繰り返し行って、疲労が出てもできるタスク管理と時間管理を心がけ少しだけでも進めてみるということ。1つだけでも前へ進める。丁寧に。人と比べない。昨日の自分と比べ少しでも前へ。だな。ということで久しぶりのブログはおしまい。(2020年10月29日(木)にさらに追記)

あなたにもフォースが共にあらんことを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください