ビヨンド副業のもつ意味は?2021年注目の働き方で収入UPを目指そう!

agriculture

Photo by Dan Meyers on Unsplash

ビヨンド副業の前回の記事はこちら

ビヨンド副業とは!どんな意味?2021年ヒット予測の第3位

ビヨンド副業とはどんな意味?

ビヨンド副業とは調べてみるとビヨンドに概念や地域を越えるという意味があることから今までの副業の概念を超えた副業・働き方であったりとか、地理的な距離を超えての意味を踏まえて東京と地方を行き来する副業・働き方であると言えます。東京の様なコンクリートジャングルで働き詰めになるのではなく週末に自然が多いところで働くということは健康とってもメリットですよね。



2021年注目の働き方ビヨンド副業収入アップを目指す。

例えば2つの場所で東京と神奈川で、2つの仕事を、東京ではシステムエンジニア、神奈川では農業をやる。こんな働き方も出てくるのかも知れません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

go on to the next level!!! ✨プチご報告✨ この度、わたくし加賀野安那は、兼ねてからお付き合いしていた、、、、 とゆうのは嘘です😆 @nextweekend_jp の編集部の1人に、たまたま応募したら選ばれちゃいました✨✨✨ “次の週末に叶えたい、理想の生活”をコンセプトに掲げるコミュニティメディアの編集部一員として農業をもっとたくさんの人に身近に感じてもらえるように努めます!!!!!! #週末農業 的なことをもっともっとみんなに発信していこうとおもってます! ただただ、ノリで応募してしまったんだけど 今の現状を本気で変えないと、日本の未来が大変なことになるし まずは自分が本気で変わることが、何よりも一番ゴールに近づくとおもったから👍🏽 それもこれも大学2回生の時のクラスメート(留学行ったから前期だけだった) @naoko1023 がいつも私にいい追風を吹かせてくれるから❤️ほんとにご縁に感謝🙏🏽 背伸びせずに、リアルなありのままの自分でできることから少しずつやっていきたい🐶 #nextweekend #週末野心 #determined #enthusiast ##solfarm #黒豆のあんな #farmer #丹波 #篠山 #丹波篠山 #tamba #sasayama #tambasasayama #兼業農家 #農業女子

Anna Kagano 加賀野 安那(@annakagano)がシェアした投稿 –

都心と地方の2つを拠点にして働き方は以前から話題にあがってはいましたが、コロナで在宅勤務が増えることで仕事のあり方考え方がかわり場所はちがう場所でもインターネットで繋がっていれば大抵の仕事をこなせることが分かってきました。

週末を楽しみながら、週末に副業をして収入アップを目指す。これが本当に実現できる社会になりつつあるということでしょうか。



まとめ

しかし、私のような2020年時点で50歳前後のおじさんからしたらリモートワークが中心となりリアルで会う回数が減るとコミュニケーション、信頼関係の構築企業文化、風土の理解が深まらないのではないかと心配もしてしまいますが、今の若い世代をみているとそういう不安は一掃されるくらい社会の進化が進んでいる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください