今、一番に習慣化したことは読書です。

Photo by Alina Daniker on Unsplash

株式会社 Sky Walker
代表のK.Kusanoです。
皆さんは読書をしていますか?。私は読書をたまにしますがもう少しきちんと読書をしたいと思っています。しかしなかなかできていないのが現状です。そこで、できるだけ読書をし習慣化して少しでも毎日読書するためにTodoistにタスクとしていれています。こうすることで1pでも良いから読もうとするので毎日必ず読書するようになりつつあります。

読書して全てを学ぼうと思わないこと

読書することに改めて取り組んでみるとどうしても欲張りな自分が出てきて、読む本の全てを自分のものにしようと思っていました。しかし、自分の脳ではそこまでのことは期待できないし、精読というよりもできるだけ大枠をとらえるように読書をしようと決めてみました。これは広く浅く知識を得ようと考えているのと、自分なりの読書法を養っていこうと思ったからです。いろいろと過去に速読とかフォトリーティングとかやってはみましたが、長続きしなかったことも考えると焦らずにコツコツ読んで行くことが大切かなと考えました。

ここぞという1行、文言を得られればいい

まずは1冊の読書をする上で、1行、1キーワード、だけを得られればいいと言う自分ルールを作ってみました。それにより、ログもつけやすいでしょうし、年間の読書の記録も少しは簡単につけられるのではと思った次第です。そして、後でこの本はもう一度読もうと思った本は精読してみる、と言った感じでスタートしています。ブログにも今後は読んだ本の感想などを書いていきますが、まずはここぞという1行、文言を得ることに主眼をおきます。

もともと読書は嫌いではない

もともと読書は嫌いではないが好きでもないという感じかなと思っていたけど振り返ってみると、寝食忘れて読んだ本もありますし、全く読まなかったという時期もあり波があります。いっときは大藪春彦やアガサクリスティー、龍馬がゆく、坂の上の雲などは集中的に読んだ記憶があります。なんかこういう波を変えたないなと。習慣化して読書をしていけばもっと人生が豊かになるのではないかなんて思いもあります。

もう一つルールとして

本当はビジネス関連の読書はやめようと決めたこともありました。なぜかというとビジネスについては革真塾で学んだことだけに集中しようと思ったのと、あれこれ学び過ぎても迷うだけだと思ったからです。読書はビジネス書はやめていわゆる小説類だけにしようと試みたこともありました。しかし、結局はビジネス書を漁り読んだりもしてしまっています。まあそれはそれで良しとしようとは思っていますが。どうなることか。

読書を振り返ってみると

自分は鍼灸師として20年近く働いてきているので健康関連の書物もよく読みました。今はあまり読んでいません。というのも、健康というはだいだい行き着くところは一緒のような、自分の中では自律神経と糖質制限を基本とした食事と機能栄養学が大切であり重要でそこだけをみてそれ以外は自分ではみないようにしたほうがいいなと思ったからです。うまく言えないけどビジネスについてもあらゆる分野を読むというのはではなく数字に基づいた経営・ビジネスについてのみ読書していこうと決めつつあります。

デジタル書籍のみを読む

それは、できるだけデジタル書籍のみを読むことにします。理由として自宅の本棚がもういっぱいなこともあります。父から引き継いだ百科事典やなんやらで捨てられない手放せない本で埋め尽くされているからです。デジタルであればクラウドに置いておけばいつでも読めるし実質的な場所はとらないからそれしかないなと。でも、本当は紙ベースで本として所持したい気持ちはあります。家がもっと広ければね。

まとめ

少し脱線もしましたが、読書することは良いことであることは間違えないでしょう。そこから何を学び何を得るか。そして、全部を覚えようとしたり得ようとするのではなく、今の自分に必要なことをひとつ学べれば充分だと思い読書をスタートしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください